結婚式にお呼ばれされたときのマナー

結婚式に招待されることはおめでたいことなので断れません。断るのはマナー違反です。(例外を除きますが)
結婚式にお呼ばれすると女性はとっても大変ですね。晴れの舞台の脇役として参加するのですからそれなりに身なりは小奇麗にしていかないといけません。
洋服もマナーがあるので注意しないといけないです。

 

昼間の教会式ではタブーの肌見やイブニングドレスが夜の披露宴では正式なドレスコードになったりします。
そして当日は髪の毛のセットも自分では難しいので美容院でセットしてもらったり、ネイルもそれなりにキレイにしたり。

 

ゲストの身なりがみすぼらしいと、新婦の友人として呼ばれた場合は新郎側のご両親や親族に悪印象を与えるので、やはり細心の注意が必要ですね。

 

それでも結婚式に参加するのってとっても幸せな気持ちになりますし自分も滅多にそのように着飾る機会もないから、女性としてはワクワクしますけどね。

 

せっかくの友人や親族のおめでたい日だから、気持ちも見た目も華やかに過ごしたいものです。反面、2次会は、ニュアンスがやや難しくなりますよね。ただ、フォーマルであれば良いというわけではないですからね。

 

カジュアルすぎても駄目だし、かといって、フォーマルすぎても駄目っていうところですね。男性の場合だと、スプートニクスというメンズ服通販の服で清潔なコーディネート。
これくらいが、頑張っている感が出ず、更にオシャレだから好きだな。